スポンサーリンク

ダウンウィンド

ダウンウィンド MSFSのコンテンツ

今回のレッスンでは、飛行場周辺に設定されている場周経路(トラフィックパターン)の後半、ダウンウィンド~着陸までの飛行手順について学んでいきます。

Table of Contents

ダウンウィンドのブリーフィング

ダウンウィンド

レッスンの目的

今回のレッスンでは、ダウンウィンド~ファイナルアプローチまでに実施する手順についてついて学んでいきます。

レッスン中のタスク

このレッスンではプレイヤーに

  • ダウンウィンドで安定を確保し、フラップを10°にして着陸の準備を始める
  • ベースレグへ旋回する
  • ファイナルアプローチへ旋回してグライドスロープをたどる
  • フレアーして着陸し、滑走路のセンターラインから大きく外れないようにしながらブレーキをかける

という4つのタスクが与えられます。

訓練空域

アメリカ合衆国アリゾナ州のセドナ空港がレッスンの舞台です。

今回着陸するセドナ空港の滑走路については、こちらで解説しています↓

使用機材

今回も前回までのレッスンに引き続き、初心者パイロットの練習機の定番“セスナ152”を使用します。

練習機や自家用機の定番“セスナ152”

飛行性能が気になる方は、こちらの記事を参考にしてみてください↓

ダウンウィンドのレッスン内容

ダウンウィンドレグ

今回はセドナ空港の南側。

ダウンウィンドレグの中間地点からレッスンがスタートします。

スタート時点での飛行諸元は

  • 高度:6,000ft
  • 速度:95ノット
  • 針路:045°

まずは飛行高度を維持しながら、速度を80ノットに減速します。

減速できたら80ノットを維持したままフラップを1ノッチ下げて10°にセット。

フラップを展開すると空気抵抗が増加して速度が低下するので、必要に応じてエンジン回転数を上げましょう。

また、フラップの降下によって若干高度が上がるので、ピッチをコントロールして高度を維持します。

ダウンウィンド_高度と速度を維持したままフラップを展開

エンジン回転数を2,300回転前後に合わせると、高度と速度が維持しやすいようです。

この姿勢を保ったまま、正面に見える『ダウンウィンドレグの最後』というマーカーのあたりまで飛んでいきます。

ベースレグ

着陸滑走路のスレッショルドが自機の左後方45°に来たら、左に90°旋回してベースレグへ。

目安としては、セドナ空港がピラーに完全に隠れてしまうあたりでしょうか↓

旋回時のバンク角は30°以内に抑えましょう。

旋回開始と同時にスロットルを絞って、エンジン回転数を1,400回転にセット。

65ノットまで減速しつつ5,700ftまで降下します。

ベースレグ飛行中

正面にある『ベースレグの最後』まで進んだら再び左に90°旋回して、ファイナルアプローチへ進入します。

ファイナルアプローチ

左の主翼の支柱の後ろに滑走路が見えたら↓

ベースからファイナルへ旋回するタイミング

もう一度90°左旋回してファイナルアプローチに進入します。

旋回中も65ノットを維持しますが、速度の維持はスロットルではなくピッチ角でコントロールするのが楽です。

これまでのレッスンと同じように、着陸滑走路のスレッショルドを画面の中央に捉えて滑走路にアプローチしていきます。

着陸

スレッショルドの手前でさらにフラップを展開し、スレッショルドの上空で機首を上げてフレアー姿勢を取ります。

この時は滑走路の奥側の端を画面の中央に捉え続けるのはいつも通りですね。

後輪から滑らかに滑走路上に接地させ、センターラインから外れないように地上滑走。

滑走路上で機体を停止させると、レッスンは終了します。

ダウンウィンドの評価ポイント

今回のレッスンの評価ポイントは

  • ダウンウィンド21に入り、機体の着陸姿勢を準備する
    針路を維持し、速度は80ノット、高度は6,000ft付近に維持する
  • レフトベースを完了する
    針路を維持し、速度は約65ノットに維持する
  • ファイナルアプローチと着陸
    グライドスロープと向きを維持し、速度を65ノットに保つ
    フレアーして着陸したら、滑走路のセンターラインから大きく外れないようにしつつブレーキをかける

の3項目。

1つ目と2つ目の項目はパーフェクトだったんですが…。

ファイナルアプローチ~着陸までの操作が上手くいかずにかなり減点されてしまいました…。

速度の維持とフレアーがなかなか難しいですね…。

ダウンウィンドの攻略法

ダウンウィンドレグ

一定の高度と速度を維持しての飛行なのでピッチトリムを合わせてしまえば楽にはなるんですが…。

飛行距離が短いのでわざわざトリムを合わせる必要もないでしょう。

下手にピッチトリムを合わせると、フラップ展開時や旋回時に高度が外れやすくなるので、トリムを合わせない方が安定して飛べるかと思います。

ベースレグ

ベースレグに入ってすぐにエンジン回転数を1,400回転以下にするように指示が出ますが、先手を打ってダウンウィンドレグからベースレグへの旋回中にエンジン回転数を下げておきましょう。

指示を受けてからスロットルを操作すると、この後のアプローチ速度の維持が難しくなります。

ファイナルアプローチ

ここから高い降下率で滑走路に接近していきたいので、スロットルをアイドルに。

後はピッチの微調整で65ノットを維持していきます。

進入角度が高めになる傾向があるので、フラップをされに展開して適正な降下率になるように調整すると、フレアを掛けやすくなります。

PVアクセスランキング にほんブログ村
MSFSを遊びつくす - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました