スポンサーリンク

着陸

着陸 MSFSのコンテンツ

前回はエレベーター、前々回はスロットルの操作をしないで着陸する方法を学びましたが、今回のレッスンではエレベーターもスロットルも操作する、通常の着陸方法を学んでいきます。

Table of Contents

着陸のブリーフィング

着陸

レッスンの目的

今回のレッスンでは、一般的な方法で着陸する方法を学んでいきます。

レッスン中のタスク

このレッスンではプレイヤーに

  • ファイナルアプローチで速度とグライドパスを調整する
  • フレアーを行い機体を滑らかに着陸させる
  • 着陸後にブレーキをかけて飛行を安全に終える

という3つのタスクが与えられます。

訓練空域

アメリカ合衆国アリゾナ州のセドナ空港がレッスンの舞台です。

今回着陸するセドナ空港の滑走路については、こちらで解説しています↓

使用機材

今回も前回までのレッスンに引き続き、初心者パイロットの練習機の定番“セスナ152”を使用します。

練習機や自家用機の定番“セスナ152”

飛行性能が気になる方は、こちらの記事を参考にしてみてください↓

着陸のレッスン内容

ファイナルアプローチで速度とグライドパスを調整する

今回のレッスンもセドナ空港の西側からスタートします。

スタート時点での飛行諸元は

  • 高度:5,750ft
  • 速度:62ノット
  • 針路:035°
  • フラップ:10°
スタート地点

デッドスティックランディングの時と同じく、65ノットで滑走路にアプローチするように指示がありますので、まずは加速していきましょう。

加速すると機体の中心軸が左右にぶれるので、滑走路の中央からズレないようにエルロンを微調整。

前回と前々回のレッスンの時と同じく、着陸する滑走路のエイミングを適切に行うのが上手くアプローチするためコツ。

滑走路手前側の端にある白黒の縞模様“スレッショルド”を画面の中央にとらえ続けるように操縦すると、アプローチ時の姿勢を維持しやすくなります。

速度のリミットは、おおむね±3ノット程度。

この許容範囲を超えないように、スロットルとピッチをコントロールしていきますが…。

両方同時に操作すると収拾がつかなくなるので、スロットルは操作しないでピッチ角だけで速度をコントロールした方が、簡単に速度を維持することが出来ます。

スレッショルドを画面中央に捉えつつ

  • 速度:65ノット
  • 降下率:-400~-500 ft/min

をキープして滑走路にアプローチ。

スロットルの上空に到達したあたりでスロットルをアイドルに。

効率よく減速するために、ここでフラップをもう1ノッチダウン。

操縦桿を軽く引いてフレアー姿勢を取ります。

フレアーを行い機体を滑らかに着陸させる

フレアー姿勢では、滑走路の奥側のスレッショルドを画面の中央に捉えます。

後輪が滑走路に接地するまでこの姿勢をキープ。

この時に

  • 降下からフレアへの移行にもたつく
  • 昇降率±0 ft/minで滑走路上を水平直線飛行する
  • 上昇率が+側になって滑走路上で高度が上がる

と減点されしまうようです。

前回も触れていますが、レッスンで指定されるアプローチ速度が速いので、なかなか上手くフレアーに移行することが出来ません…。

エレベーターが使えれば50ノット前後でアプローチして、そこからスムーズにフレアーを掛けられるんですけどねぇ…。

着陸したらブレーキをかけて飛行を安全に終える

滑走路に接地出来たら、センターラインと機体の中心軸とが一致するようにラダーペダルを操作しつつ、ブレーキをかけて機体を完全に停止させます。

滑走路上に停止

着陸の評価ポイント

今回のレッスンの評価ポイントは

  • グライドスロープに従う
    65ノットを維持しつつ、安定したアプローチで機体を滑走路に合わせる。
  • 機体をフレアーさせる
    機首を徐々に上げて、後輪2つでタッチダウンする
  • 機体を停止させる
    センターラインから外れないようにしつつ、ブレーキを使って滑走路上で機体を停止させる

の3項目。

一番の難関はフレアーですね。

今回はフレアー姿勢への移行にもたつき、滑走路上で水平直線したうえに若干上昇してしまいました。

その割には点数が高めですが、これを改善できればさらにハイスコアを狙えるでしょう。

着陸の攻略法

アプローチ

今回のレッスンでのアプローチ速度は65ノット。

前回、前々回と違い、今回はエレベーターとスロットルが操作できるため、この2つを駆使して速度を調整しようとしてしまいますが…。

スロットルを操作してしまうと速度維持がかえって難しくなってしまいます。

このレッスンはスロットルではなく、エレベーター=ピッチ角で速度を調整した方が圧倒的に簡単です。

ただし、スタートしたときのスロットルポジションのままでアプローチすると、進入角度がかなり高くなってしまうので、スロットルを少し絞った方がいいかもしれません。

フレアー

相変わらずフレアーの難易度が高いです…。

滑走路の手前で65ノットの指示が消えた瞬間にスロットルをアイドル、フラップをフルダウンにして急減速すれば、もう少しスムーズにフレアー姿勢に移行できるかもしれません。

PVアクセスランキング にほんブログ村
MSFSを遊びつくす - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました