スポンサーリンク

エレベーター無しでの着陸

エレベーター無しでの着陸 MSFSのコンテンツ

今回のレッスンはエレベーター無しでの着陸です。

前回レッスンではスロットルを操作しないで一定の速度と降下率を保ちながら滑走中にアプローチする方法を学びましたが、今回はエレベーターを操作しないで滑走路にアプローチする方法を学んでいきます。

Table of Contents

エレベーター無しでの着陸のブリーフィング

エレベーター無しでの着陸

レッスンの目的

今回のレッスンでは、スロットル操作で機体のピッチ角を一定に保って滑走路にアプローチする方法を学んでいきます。

レッスン中のタスク

このレッスンではプレイヤーに

  • ファイナルアプローチで速度とグライドパスを調整する
  • フレアーを行い機体を滑らかに着陸させる
  • 着陸したらブレーキをかけて飛行を安全に終える

という3つのタスクが与えられます。

訓練空域

アメリカ合衆国アリゾナ州のセドナ空港がレッスンの舞台です。

今回着陸するセドナ空港の滑走路については、こちらで解説しています↓

使用機材

今回も前回までのレッスンに引き続き、初心者パイロットの練習機の定番“セスナ152”を使用します。

練習機や自家用機の定番“セスナ152”

飛行性能が気になる方は、こちらの記事を参考にしてみてください↓

エレベーター無しでの着陸のレッスン内容

ファイナルアプローチで速度とグライドパスを調整する

今回のレッスンもセドナ空港の西側からスタートします。

スタート時点での飛行諸元は

  • 高度:5,400ft
  • 速度:62ノット
  • 針路:035°
  • スロットル:アイドル
  • フラップ:10°
スタート地点

前回は65ノットでアプローチするように指示がありましたが、今回はアプローチ速度の指示はありません。

『機体を滑走路に合わせる』ことだけを考えてアプローチ中していきましょう。

着陸する滑走路のエイミングを適切に行うのが上手くアプローチするためコツの一つ。

滑走路手前側の端にある白黒の縞模様“スレッショルド”を画面の中央にとらえ続けるように操縦すると、アプローチ時の姿勢を維持しやすくなります。

今回はエレベーターの操作が出来ないので、ピッチ方向の動きはスロットル操作でコントロールしますが

  • スロットルを開ける:ピッチアップ(機首上げ)
  • スロットルを絞る:ピッチダウン(機首下げ)

スロットル操作に対するピッチのレスポンスがもの凄く悪いです…。

だからと言って急にスロットル操作を操作して、エンジン回転数を大きく変更してしまうと、オーバーコントロールになってしまいます。

機体の反応を確かめながら、ゆっくりとスロットルを操作しましょう。

また、エンジン回転数を大きく変動させると、機首が左右にブレて機体が滑走路の延長線上から外れてしまいます。

スロットル操作の幅を可能な限り少なくするのもコツの一つです。

スレッショルドを画面中央に捉えつつ

  • 速度:65ノット
  • 降下率:-400~-500 ft/min

をキープしてアプローチしていくと、少し進入角度が高めですが綺麗にアプローチすることが出来るようです。

フレアーを行い機体を滑らかに着陸させる

機首下げ姿勢で65ノットをキープしたままスレッショルドの上空に到達したら、スロットルをアイドルにしてフレアーをかけていきます。

フレアー

今度は画面の中央に滑走路の奥側の端を捉えるように、軽く機首上げ。

この姿勢を後輪が滑走路に接地するまでキープします。

この時に

  • 降下からフレアへの移行にもたつく
  • 昇降率±0 ft/minで滑走路上を水平直線飛行する
  • 上昇率が+側になって滑走路上で高度が上がる

と減点されしまうようです。

アプローチ速度が速いのでなかなか上手くフレアーに移行することが出来ません。

エレベーターが使えれば50ノット前後でアプローチしてスムーズにフレアーを掛けられるんですけどねぇ…。

着陸したらブレーキをかけて飛行を安全に終える

滑走路に接地出来たら、センターラインと機体の中心軸とが一致するようにラダーペダルを操作しつつ、ブレーキをかけて機体を完全に停止させます。

滑走路上に停止

エレベーター無しでの着陸の評価ポイント

今回のレッスンの評価ポイントは

  • グライドスロープに従う
    スロットルのみを使って滑走路の内側に留まり、アプローチを安定させる。
  • 機体をフレアーさせる
    機首を徐々に上げて、後輪2つでタッチダウンする
  • 機体を停止させる
    ブレーキを使用して滑走路上に機体を停める

の3項目。

一つ目の項目『グライドスロープに従う』が今回のレッスンの一番難しい所で、その分配点も高く設定されています。

今回は速度の指定が無いので、滑走路のセンターラインと機体の中心軸を常に一致させることだけ考えればいいんですが…。

スロットル操作で微妙に機体が左右に滑っていくので、適時エルロンやラダーで方向を微調整してやる必要があります。

エレベーター無しでの着陸の攻略法

アプローチ

アプローチ速度の指定はありませんが、前回のレッスンと同様に65ノットをキープするようにスロットルを操作すると、いい感じのコースで滑走路に接近できます。

スロットルを操作を頻繁に行うと、プロペラの発生するコリオリ力の影響で機首が左右に振られ、滑走路のセンターラインから外れてしまうので、スロットル操作は慎重に。

今回のレッスンではエレベーターは使えませんが、エルロンとラダーは問題なく使うことが出来ます。

スロットル操作に合わせて操縦桿を左右に動かしたり、ラダーを押し込んだりして微調整しながら、滑走路の中心を外れないように機体をコントロールしていきましょう。

フレアー

スレッショルドの上空に来た当たりでフラップをさらに展開し、フルダウンの形態にすると大きく減速できるため、フレアーが掛けやすくなるかもしれません。

ただし、フラップを展開することで一時的に高度が上昇してしまうことがあるので、展開する場合は昇降計を注視しておく必要があります。

PVアクセスランキング にほんブログ村
MSFSを遊びつくす - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました