スポンサーリンク

キング・サーモンからクリク湖へ

キング・サーモンからクリク湖へ MSFSのコンテンツ

Microsoft Flight Simulator(MSFS)に収録されているアクティビティ、ブッシュトリップの“ウナラスカからクリク湖へ”の最終レグ、キングサーモンからクリク湖への飛行ルートと、このブッシュトリップの最終目的地“クリク湖空港”について解説していきます。

前のレグの解説はこちらからどうぞ↓

Table of Contents

ブリーフィング

このレグでは、前回のフライトで到着したキング・サーモンからクリク湖までフライトします。
キング・サーモンからクリク湖へ

今回の飛行距離は59.56NM、予定飛行時間は28分です。

クリク湖空港

クリク湖空港は、アメリカのアラスカ州の西、アラスカ半島の付け根のあたりにある、クリク湖という湖に面した空港。

カトマイ国立公園内にある公共空港で、陸上機用の滑走路と水上機用の滑走帯が整備されていますが、滑走帯の方は冬季は凍結してしまうため、夏季のみの運用となっているようです。

また、グリズリーの生息地に近いためか、夏場は滑走路上にクマが出没し、一時的に滑走路が閉鎖されることがあるようで…。

MSFSに収録されているキング・サーモン空港を確認してみると↓

  • ICAOコード:PAKL 
  • 滑走路方位:07/25
  • 滑走路長:4,268ft
  • 舗装:アスファルト

MSFSには表示されていませんが、空港の標高は717ftとなっています。

キング・サーモンからクリク湖への飛行ルート

例によってVFRマップ上に飛行ルートが表示されませんので、今回もオンライン航空地図のスカイベクターを使って、キングサーモンからクリク湖までの最短ルートを設定してます↓

クリク湖空港までの飛行ルート

エッジギクを離陸したら右に旋回して針路を057°へ。

そのまま直進すればクリク湖空港に到達するはずですが…。

残りの燃料がかなり少ないので、なるべく一定の高度を飛びたいんですけど、山越えしないといけないようですね…。

上手く回避しながら飛ばないと、途中でガス欠になりそうです。

クリク湖空港へのフライト

これまでのレグは雲が多少あるものの、風もなく快適な環境で飛んでいましたが…。

なぜか最終レグでは急に天候が悪化し、空が完全に厚い雲で覆われて晴れ間がほとんど見えないという状況からスタート。

キング・サーモンを出発

しかも天候が徐々に悪化してくるんですよ。

前半はチラチラと雪が舞う程度でしたが、後半になると気温が急激に下がり、ウィンドシールドに氷が付き始めて、視界が悪くなってきます↓

残念ながらXCubにはヒーターの類が装備されていないようで、凍り付いたウィンドシールドを暖めて溶かすことが出来ません…。

仕方が無いのでこのままクリク湖へ向かい、視界が極端に悪いままクリク湖へ強行着陸!

うっすらと滑走路が見えていますが、積雪のために滑走路とその周辺の草地の区別がつかないというなかなかの悪条件です。

それでも何とか着陸して↓

“ウナラスカからクリク湖へ”のブッシュトリップをクリア!

このブッシュトリップでの総飛行時間は7時間5分でした。

ブッシュトリップの後半から気にしていた残燃料ですが↓

左右ともに残りはほぼゼロ…。

この感じだとあと10分程度もすれば完全にガス欠になっていたんでしょうね。

どうにかギリギリでゴールすることが出来ました!

“ウナラスカからクリク湖へ”を総括

ルールやシステムがよくわからないままにスタートしたブッシュトリップですが、どうにかこうにかクリアすることが出来ました。

本来ならVFRマップとナビログに記載された情報を元に、ルート上にある景勝地を空から眺めるというアクティビティなのですが、景勝地を眺める余裕が全くありませんでしたね…。

特に後半は燃料の問題もあり、出発地と目的地を結ぶ最短ルートばかり通ってしまいました。

もちろんそういう飛び方でも問題は無いんですが、せっかくなら飛び始める前にある程度予習をしておき、どこに何があるかをある程度頭に入れておいた方が良さそうです。

今回のブッシュトリップである程度ルールとシステムが分かったので、次のブッシュトリップはもう少し景色を楽しめるようにしたいですね。

PVアクセスランキング にほんブログ村
MSFSを遊びつくす - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました