スポンサーリンク

タキシング

タキシング MSFSのコンテンツ

飛行機が駐機スポットから滑走路まで自力で移動することを、タキシングといいます。

ただ飛行機を走らせるだけに見えますが、意外とこれが難しいんですよ…。

Table of Contents

タキシングのブリーフィング

タキシング

レッスンの目的

今回のレッスンでは、飛行機を駐機場から滑走路の手前まで地上滑走(タキシング)させることで、地上での機体のロールと操舵方法について学んでいきます。

レッスン中のタスク

このレッスンではプレイヤーに

  • ラダーペダルで機体を操舵する
  • スロットルとブレーキでロール速度を制御する
  • 滑走路21の待機地点までタキシングして止まる

という3つのタスクが与えられます。

訓練空域

アメリカ合衆国アリゾナ州のセドナ空港がレッスンの舞台です。

今回はタキシングするだけのレッスンなので、フライトはありません。

使用機材

今回も前回までのレッスンに引き続き、初心者パイロットの練習機の定番“セスナ152”を使用します。

練習機や自家用機の定番“セスナ152”

飛行性能が気になる方は、こちらの記事を参考にしてみてください↓

タキシングのレッスン内容

ラダーペダルで機体を操舵する

レッスンは、セドナ空港の駐機場からスタート。

スタートの時点ではエンジンがアイドリング、パーキングブレーキがセットされています。

タキシング開始時

車を運転する場合、運転席の目の前にあるハンドルを手で回して左右にカーブさせますが…。

飛行機の場合は操縦桿ではなく、足元にあるラダーペダルを使用します↓

右に曲がる場合は右側のペダル、左に曲がるときは左側のペダルを押し込みましょう。

ちなみに、左右のラダーペダルはメインギア(主降着輪)のブレーキペダルにもなっています。

右側のブレーキペダルを踏みこむと、右のメインギアのブレーキがかかるため機体が右に曲がり、反対に左側のブレーキペダルを踏みこめば機体は左に曲がります。

この2つの機能は同時に使用することが出来るため、ラダーとブレーキを組み合わせて使うことで、旋回半径を小さくすることが可能です。

スロットルとブレーキでロール速度を制御する

パーキングブレーキを解除したら徐々にスロットルを開き、エンジンの回転数を上げて機体を前に進めていきます。

設定でPファクター(プロペラファクター)を有効にしている場合、急激にスロットルを開けるとプロペラ回転面に発生するコリオリ力で機首が左に振られてしまうので、エンジン回転計を確認しながら徐々にスロットルを操作していきます。

エンジン回転数の目安は1,000回転前後です。

駐機場内をタキシング

タキシング開始直後に左カーブがありますが、ここではまだスピードが乗っていないため、途中で機体が止まってしまうことがあるかもしれません。

様子を見ながらエンジンの出力を微調整していきましょう。

スロットルとブレーキでロール速度を制御する

ここでいうロールというのは、機体の左右方向の回転ではなく地上滑走のこと。

地上滑走する際の速度の目安は

  • 駐機場:歩くくらいのスピード
  • 誘導路上:ジョギングくらいのスピード

とされていますので、スロットルとブレーキを微調整して適当な速度で地上滑走できるようにコントロールしましょう。

駐機場から誘導路に出て少し進むと、教官からブレーキチェックを行うように指示が出ますので、機体を完全に停止させます。

ブレーキチェックが完了したら地上滑走を再開します。

少し進むと誘導路の交差点があるので、交差点手前の水色の枠の中で再び停止して、他の機体が誘導路に進入してこないことを確認。

安全が確認出来たら地上滑走を再開します。

滑走路21の待機地点までタキシングして止まる

地上滑走を再開したら滑走路21の手前にある待機地点“ホールドポイントA1”まで移動します。

タキシングを再開してホールドポイントA1へ

誘導路上の水色の破線で囲まれたエリアに機体を停めると、今回のレッスンは完了となります。

タキシングの評価ポイント

今回のレッスンの評価ポイントは

  • 次の誘導路出口までタキシングする
    機体を始動させ、誘導路まで移動させる
  • 待機地点A1までタキシングする
    機体を動かしつつセンターラインに留まり、1,000回転付近に抑える

の2項目。

タキシングの評価

レッスンのスタート~誘導路の交差点あたりまでの前半部分に関しては、評価対象とはなっていません。

採点されるのは後半からなので、前半では機体をわざと蛇行させたり停めたりしてみて、機体の癖をつかんでおくといいかもしれません。

タキシングの攻略法

スロットル操作

頻繁にスロットルを操作するとスピードを安定させづらくなりますし、減点の対象になります。

エンジン回転数は1,000回転付近に固定し、スピードの微調整はブレーキで行うようにすると、地上滑走がしやすくなるうえに機体が安定するので、ハイスコアを狙いやすくなります。

センターラインのキープ

センターラインと機体の中心軸を一致させていないと減点されてしまします。

誘導路の直線部分では、ヨークのシャフトの延長線上に誘導路のセンターラインが来るように機体の位置を維持すると、機体の中心軸とセンターラインが一致します。

慣れないうちはコクピット視点ではなく、機外視点を使用した方がいいかもしれません。

PVアクセスランキング にほんブログ村
MSFSを遊びつくす - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました