スポンサーリンク

デッドスティックランディング

デッドスティックランディングのブリーフィング MSFSのコンテンツ

今回のレッスンでは、スロットル操作を行わないで着陸するデッドスティックランディングという着陸方法で、着陸時の機体姿勢の維持の仕方を学んでいきます。

Table of Contents

デッドスティックランディングのブリーフィング

デッドスティックランディングのブリーフィング

レッスンの目的

今回のレッスンでは、ヨークのみを使って着陸するデッドスティックランディングという方法で、着陸時の飛行機の姿勢の制御の仕方を学んでいきます。

レッスン中のタスク

このレッスンではプレイヤーに

  • ファイナルアプローチで速度とグライドパスを調整する
  • 機体をフレアーさせて滑らかに着陸する
  • 着陸したらブレーキをかけ、飛行を安全に終える

という3つのタスクが与えられます。

訓練空域

アメリカ合衆国アリゾナ州のセドナ空港がレッスンの舞台です。

今回着陸するセドナ空港の滑走路については、こちらで解説しています↓

使用機材

今回も前回までのレッスンに引き続き、初心者パイロットの練習機の定番“セスナ152”を使用します。

練習機や自家用機の定番“セスナ152”

飛行性能が気になる方は、こちらの記事を参考にしてみてください↓

デッドスティックランディングのレッスン内容

ファイナルアプローチで速度とグライドパスを調整する

今回のレッスンは、セドナ空港の西側からスタート。

スタート時点での飛行諸元は

  • 高度:5,750ft
  • 速度:62ノット
  • 針路:035°
  • スロットル:アイドル
  • フラップ:10°
デッドスティックランディングのスタート地点

このレッスンでは速度65ノットでアプローチするように指示が出ますが、スロットルは操作できないので加速するために若干の機首下げ姿勢を取ります。

速度が65ノットになったらほんの少しだけ操縦桿を手前に引き、ピッチ角をコントロールして65ノットを維持しましょう。

今回は速度の許容範囲が狭く、±2ノット程度となっています。

速度のコントロールと同時に針路もコントロールしていきます。

機体の中心軸が、着陸する滑走路上のセンターラインと一致するように、左右のコントロールもしていきましょう。

このレッスンでは、速度の指定があるためどうしても速度計に注視してしまいがちですが、そうすると滑走路のセンターラインに注意がいかなくなって、センターを外してしまうんですよね…。

意外にも視線をあちこちに移動するよりも↓

滑走路手前側の端にある白黒の縞模様“スレッショルド”を画面の中央にとらえ続けるように意識した方が、速度と針路を維持しやすくなります。

機体をフレアーさせて滑らかに着陸する

機首下げ姿勢で65ノットをキープしたまま滑走路に着陸すると、プロペラから滑走路に突っこんで大惨事に…。

まぁ、フライトシムなら誰もかすり傷一つ負いませんし、機体が壊れることもありませんが、少なくともこのレッスンは失格になります。

レッスンに合格するためにもきれいに着陸する必要がありますが、そのためには滑走路への接地寸前に機首を上向きにし、フレアーをかけて滑らかに着陸する必要があります。

機首下げ姿勢のまま滑走路に接近して、スレッショルドが見えなくなったあたりから徐々に操縦桿を引いて機首上げ姿勢に移行しましょう。

フレア開始の目安

フレア姿勢を取ると次第に減速していきますが、主翼に迎え角がついて揚力が増すため、降下率は滑走路への進入中よりも低下して、穏やかに滑走路に接地出来るようになります。

フレア姿勢

この時あまり機首を上げすぎると尻もちをついてしまうので、ピッチ角は+5°程度に。

滑走路の向こう側の端が、画面の中央に来るようにしてやると、理想的な姿勢でフレアを掛けることが出来ます。

メインギア(後輪)が滑走路に接地するまでこの姿勢を維持しましょう。

着陸したらブレーキをかけ、飛行を安全に終える

滑走路に接地出来たら、センターラインと機体の中心軸とが一致するようにラダーペダルを操作しつつ、ブレーキをかけて機体を完全に停止させます。

滑走路上に停止

デッドスティックランディングの評価ポイント

今回のレッスンの評価ポイントは

  • グライドスロープに従う
    65ノットを維持しつつ機体を滑走路に合わせる
  • 機体をフレアーさせる
    機首を徐々に上げて、後輪2つでタッチダウンする
  • 機体を停止させる
    センターラインから外れないようにしつつ、ブレーキを使って滑走路上で機体を停止させる

の3項目。

デッドスティックランディングの評価ポイント

配点が一番高いのは1項目目なんですが、これはそれほど難しくはありません。

難易度が高いのは2項目目の『機体のフレアー』で、これが何度やっても上手くいかない…。

このレッスンはアプローチの進入角度が高く、アプローチ速度も高く設定されているため、フレアを掛けると若干上昇してしまい、ここで大きく減点されてしまうようです。

デッドスティックランディングの攻略法

アプローチ速度のコントロール

このレッスンでは65ノットで滑走路にアプローチするように指示されますが、速度のコントロールはスロットルではなくピッチ角で行わなければなりません。

速度が速くなったらピッチアップ(機首上げ)して減速、逆に速度が遅くなったらピッチダウン(機首下げ)して減速しますが、ピッチの調整幅が結構微妙な感じ。

速度の許容範囲が±2ノット程度なので、ピッチでの速度の調整幅がほぼないと思ったほうがいいでしょうね。

基本的には機首下げ姿勢のまま、ほんの少しだけ操縦桿を引いて減速、加速したら操縦桿を引く力を緩めるといった感じで速度を調整していきます。

あまり頻繁に操縦桿を操作すると機体が不安定になり、進路がずれてしまいますので、なるべく操縦桿を操作しないようにしましょう。

フレアー

65ノットで急に機首上げしてフレアーを掛けると、機体が上昇してしまい減点されます。

滑走路上の高度で10ftあたりからフレアーを掛けるのが理想のようですが、これでは間に合いません。

高度が高めですが、スレッショルドの真上当たりでフレアーを掛けましょう。

減速するために少しでも水平飛行をしたいところですが、水平飛行してしまうと減点されます。

機体が水平になってもピッチ方向の動きを止めないで、そのままの勢いでピッチアップの姿勢にすると、上手くフレアーがかかっていると判定されるようです。

PVアクセスランキング にほんブログ村
MSFSを遊びつくす - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました