スポンサーリンク

ポート・ヘイデンからパイロット・ポイントへ

ポート・ハイデンからパイロット・ポイントへ MSFSのコンテンツ

Microsoft Flight Simulator(MSFS)に収録されているアクティビティ、ブッシュトリップの“ウナラスカからクリク湖へ”の9レグ目、ポート・ハイデンからパイロット・ポイントへの飛行ルートと、目的地となるパイロット・ポイント空港について解説していきます。

前のレグの解説はこちらからどうぞ↓

Table of Contents

ブリーフィング

このレグでは、前回のフライトで到着したポート・ハイデン空港からパイロット・ポイント空港までフライトします。
ポート・ハイデンからパイロット・ポイントへ

今回の飛行距離は51.88NM、予定飛行時間は24分です。

パイロット・ポイント空港

パイロット・ポイント空港は、アメリカのアラスカ州の西、アラスカ半島中央部に位置するウガシク湾の東岸にあるパイロット・ポイント地区にある空港。

同じアラスカ州にあるキング・サーモン空港との間に、グラント・アビエーションが定期便を就航させているようです。

MSFSに収録されているパイロット・ポイント空港は↓

  •  滑走路方位:07/25
  • 滑走路長:3,853ft
  • 舗装:アスファルト

MSFSでは表示がありませんが、空港の標高は57ftです。

ポート・ハイデンからパイロット・ポイントへの飛行ルート

例によってVFRマップ上に飛行ルートが表示されませんので、今回もGoogleマップとBingマップを見ながら、ナビログの記述を参考に飛行ルートを設定しています。

残りの燃料が怪しくなってきたので、“なるべく高度を上げず、最短距離”で目的地にたどり着けて、かつ“迷子にならない”ようなルートということで、アラスカ半島北側の海岸沿いを飛んでいくことにしました。

ほとんどデフォルトの飛行ルートと同じみたいですけどね。

パイロット・ポイント空港へのフライト

今回はナビログに記載されている本来のルートに近い飛行経路になりました。

このブッシュトリップで使用しているXCubの巡航速度で飛行すれば、ほぼ予定通りの飛行時間になるはずなんですが、実際のところは↓

予定飛行時間24分の所、33分かかってパイロット・ポイント空港に到着してます。

ブッシュトリップでは、各レグごとの目的地にさえ到着することが出来れば、どんなルートを飛ぼうが、何時間かかろうが問題にはなりません。

多少飛行時間が増えたところで問題は無いはずなんですが、あまり時間をかけると余計に燃料を使ってしまうんですよね…。

レグごとに給油されることが無く、スタート時からレグが進むごとにどんどん燃料が減っていくので、あまり時間をかけると最終目的地に到着できなくなってしまう可能性があります。

今のところ各レグで予定飛行時間の1割増しくらいの時間を飛んでいるので、そろそろ燃料がヤバいことになりそうです…。

残燃料をマネジメントしながらルートを設定してはいますが、果たしてこのペースでゴールすることはできるんでしょうか?

次のレグ

次はパイロット・ポイント空港からエッジギク空港までフライトします。

PVアクセスランキング にほんブログ村
MSFSを遊びつくす - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました