スポンサーリンク

着陸チャレンジ:レネ

着陸チャレンジ_レネ MSFSのコンテンツ

Microsoft Flight Simulator(MSFS)の着陸チャレンジ“Famous(有名)”に収録されている“レネ”の内容と攻略法についてまとめてみました。

Table of Contents

空港データ

このチャレンジで着陸するのは、デンマークのボーンホルム島、レネの街から5㎞ほど南にある“ボーンホルム空港”。

2022年2月時点では、ダニッシュ・エア・トランスポートが運行する国内線のみが運行されています。

就航地は

  • コペンハーゲン
  • ビランド
  • オールボー

の3つの都市となっているようです。

ボーンホルム空港

MSFSに収録されるボーンホルム空港には一本の滑走路があります。

  • ICAOコード:EKRN
  • 滑走路方位:11(111°)/29(291°)
  • 滑走路長:6,583ft
  • 標高:49ft
  • 舗装:アスファルト

となっています。

着陸チャレンジに使用する機体

このチャレンジでは、テキストロン・エアクラフトのセスナ サイテーション CJ4を使用します。

ビジネスジェットやプライベートジェットとして使用されることが多く、資産家や企業の重役、セレブリティーが移動する際に使用される機体。

映画やMVなどでたまに見かけることがあったりしますね。

着陸チャレンジ“レネ”の概要

今回のチャレンジでは、ボーンホルム空港のRWY29に着陸します。

着陸チャレンジ_レネ

スタート時の飛行諸元は

  • 高度:1300ft
  • 速度:165ノット
  • 方位:214°
ボーンホルムへのアプローチ
  • 風向:270°
  • 風速:3ノット

高度を下げながら減速しつつ右に旋回して、RWY29にアプローチしていきます。

フライト

旋回しながらのアプローチがどうも苦手で、今回も滑走路に対して左にオフセットした状態でアプローチしていしまいました。

力技で修正してどうにかセンターライン上に接地させることが出来ましたが、センターラインに気を取られてタッチダウンポイントからはだいぶ離れた場所に接地しています。

最終的なスコアは↓

どうにかA評価はもらえましたが、着陸精度と地上滑走のスコアがイマイチな感じ…。

まだまだ練習が必要ですね。

攻略法

今回使用しているセスナサイテーションCJ4のアプローチ速度は110ノット前後。

スタート時点の速度は165ノットなので、まずはスロットルをアイドルにして減速しましょう。

減速するとすぐに機種が下がってくるので、このタイミングバンク角を10度前後にして右に旋回すると、RWY29に綺麗に正対することが出来るようです。

旋回中にフラップをフルダウンにしてさらに減速したら、速度120ノットを割り込んだあたりから徐々にスロットルを上げていき、110ノットを割り込まないようにコントロールしましょう。

滑走路の手前で少し風が出てくるようで、機体が右に流される傾向があります。

ほんの少しだけ滑走路の左によってアプローチすると、うまい具合に風に流されて、センターラインの真上に接地することが出来るようです。

PVアクセスランキング にほんブログ村
MSFSを遊びつくす - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました