スポンサーリンク

姿勢テスト

姿勢テストのブリーフィング画面 MSFSのコンテンツ

姿勢テストでは、これまでのレッスンで学んできた飛行に関する基礎知識が身についていることは確認していきます。

Table of Contents

姿勢テストのブリーフィング

姿勢テストのブリーフィング画面

レッスンの目的

今回のレッスンは、これまで学んできた基本的な飛行機の操縦方法について確認するというものです。

レッスン中のタスク

このレッスンではプレイヤーに

  • 降下する
  • 上昇しながら旋回する
  • 針路と高度を維持しながら出力を下げる

という3つのタスクが与えられます。

訓練空域

今回もアメリカ合衆国アリゾナ州のセドナ空港の周辺でレッスンが行われます。

レッスン開始時の飛行諸元は

  • 高度:6,000ft
  • 方位:360°
  • 速度:90ノット

で、水平直線飛行を維持できるようにトリムをセッティングしている状態です。

使用機材

今回も前回までのレッスンに引き続き、初心者パイロットの練習機の定番“セスナ152”を使用します。

練習機や自家用機の定番“セスナ152”

飛行性能が気になる方は、こちらの記事を参考にしてみてください↓

姿勢テストの内容

高度を下げる

まずは教官の指示に従って、6,000ftから5,500ftまで機体を降下させます。

機体を降下させる場合は

  • 操縦桿を押し込んで機首を下に向ける
  • エンジン出力を下げる

といった方法がありますが、そのどちらでも構いません。

ただし、降下するとそれに伴って機体速度が上昇してしまうので、制限速度(姿勢変化の制限となる110ノット)を超過しないようにする必要があります。

ということは、どのみち減速しなければいけないので

  1. スロットル:IDLE
  2. ピッチ:ダウン

の順番に操作するのがセオリーでしょうね。

エンジン出力を低下させると針路がずれていくので、方位360°を維持するために操縦桿を左右に操作して、方位を微調整していきます。

方位の許容範囲は±10°となっているようです。

高度5,700ftになったあたりから操縦桿を引き始め、徐々に降下率を減少させていきます。

この時急激に操縦桿を操作すると減点されてしまうようなので、昇降計の針が急に動くことのないように、優しく操縦桿を操作しましょう。

5,500ftになったら機体を水平に戻して、高度を維持していきます。

高度の許容範囲は±100ftです。

姿勢を維持しながらエンジン出力を全開にして、次のタスクに備えます。

上昇しながら旋回する

次は高度6,000ftまで上昇しながら旋回して、機首方位を180°の方向に向けます。

旋回方向は左右どちらでも構いません。

好きな方向に旋回して、機首方位を180°反転させましょう。

10秒程度水平直線飛行して機体を加速させたら、操縦桿を軽く引いて機体を上昇させつつ、旋回していきます。

旋回中はバンク角を取りすぎないように気を付けましょう!

旋回のレッスンでも教官からアドバイスがありましたが、旋回中はバンク角が30°を超えないようにします。

20°前後がいいでしょうね。

ピッチ角については特に制限が無いようですが、あまり角度を取りすぎると失速してしまうので5°程度、具体的にはコクピットから見える機種の先端が地平線に重なるくらいにしておくとスムーズに上手く上昇することが出来ます。

針路と高度を維持しながら速度を下げる

最後に高度6,000ft、針路180°を維持したまま、速度を80ノットまで低下させて水平直線飛行を行います。

本来ならここではピッチトリムの調整方法についてのテスト項目になるんだと思いますが、指定の高度と針路、速度を維持できれば、どのような方法を使っても問題ないようです。

ここでの許容範囲は

  • 高度:±50ft?
  • 方位:±10°
  • 速度:±5ノット

となっているようです。

姿勢テストの評価ポイント

今回のレッスンの評価ポイントは

  • 降下する
    針路を北に保ちつつ、5,500ftまで降下する
  • 上昇しながら旋回する
    6,000ftまで上昇し、旋回して針路を南にする
  • 針路と高度を維持しながら出力を下げる
    一定の針路と高度を維持しつつ、速度を80ノットの設定する

の3項目。

これまでのレッスンで習得したスキルを駆使すればそれほど難しくも無いはずですが…。

ハイスコアを狙うとなると細かい操作をきちんと行っていかなければならないので、意外と難しいテストです。

姿勢テストの攻略法

降下

エンジン出力を下げてやれば機体が勝手に降下していきますが、降下の初動はスロットルではなく、操縦桿で下げ方向のピッチを与えてやらないといけないようですね。

教官から降下の指示が出たら、まずは操縦桿を軽く押し込んで降下姿勢を取り、その後でスロットルをアイドルにしましょう。

上昇旋回

上昇旋回中にバンク角やピッチ角が変動すると減点されます。

慌てる必要はありませんので、ゆっくりと操縦桿を操作して、機体がバタつかないように、ッチはアップ側に5°程度、バンク角は20°程度に保ってスムーズに上昇旋回していきます。

水平直線飛行

最後にエンジン出力を絞って飛行速度を80ノットまで低下させます。

飛行姿勢のチェック時間を最短に抑えると、高度や方位の変化が最小限で済むのでハイスコアが狙るわけですが…。

実は上昇旋回終了時点で速度が80ノットになっていると、教官から減速の指示が出た次の瞬間には飛行姿勢のチェックが完了します!

上昇旋回中に速度を80ノットに維持し、終了時点で

  • 高度:6,000±10ft
  • 方位:180±10°

で機体を安定させることが出来れば、最後の項目でハイスコアを達成することが出来ます。

PVアクセスランキング にほんブログ村
MSFSを遊びつくす - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました