スポンサーリンク

出力設定

出力設定のブリーフィング画面 MSFSのコンテンツ

今回のレッスン、出力設定では、速度の増減に伴う飛行機の高度の変化について学んでいきます。

Table of Contents

出力設定のブリーフィング

出力設定のブリーフィング画面

レッスンの目的

今回のレッスンでは巡航姿勢、すなわち水平飛行中にエンジン出力を変化させた場合の対気速度の変化と、対気速度が高度にどのような影響を与えるかにつて確認していきます。

このレッスンでも、コクピット前方の風防(ウィンドシールド)に姿勢維持のための基準となる線が表示されるので、これを前方に見える地平線と重ね合わせることで巡航姿勢を維持します。

レッスン中のタスク

このレッスン中に与えられるタスクは

  • エンジンの回転数を下げて水平飛行する
  • エンジンの回転数を上げて水平飛行する

の2つ。

機体の水平を保ち、進路を維持してまっすぐ飛ぶだけなのでそれほど難しくないはずですが、これが意外と難しい…。

訓練空域

今回もアメリカ合衆国アリゾナ州のセドナ空港の周辺でレッスンが行われます。

セドナの北東5NMのあたりで、高度5,500ft、方位120°に針路をとった状態からレッスンがスタートします。

使用機材

今回も前回までのレッスンに引き続き、初心者パイロットの練習機の定番“セスナ152”を使用します。

練習機や自家用機の定番“セスナ152”

飛行性能が気になる方は、こちらの記事を参考にしてみてください↓

出力設定のレッスン内容

コクピットカメラの位置合わせ

前回前々回、さらにそのまた前回と同様に、レッスンがスタートしたらまずはカメラの位置合わせをしましょう!

基準線と地平線がずれている

姿勢指示器を確認しながら水平を維持してもいいですが、せっかくウィンドシールドに基準線を描いてくれてますからね。

基準線を参照した方がハイスコアを狙いやすいので、用意されているものは上手く使っていきましょう!

カメラを調整して基準線と地平線を一致させる

スタート直後から機体が少しづつ左に傾いてくるので、このタイミングでほんの少しだけ操縦桿を右に倒し、機体を水平にしておきます。

エンジンの回転数を下げる

まずは教官の指示に従って、エンジンの回転数を1,800回転まで低下させます。

エンジン回転数を1,800回転/分に設定

エンジン回転数が低下すると出力が減少して機体が徐々に減速していくので↓

減速するにつれて機首が下向きになっていきます。

今回のレッスンでは、地平線とウィンドシールドに描かれた基準線を一致させ、前後方向の水平を保つ必要があるので、速度の低下に合わせて徐々に操縦桿を引いていきます。

この時に昇降計を確認してみると↓

減速時の昇降計の指示

機体を水平に保っているにもかかわらず、高度が徐々に低下していることが確認できます。

飛行機が高度を下げる場合、パイロットが操縦桿を押し込んで機首下げ姿勢を作って降下するイメージがありますが、実はこれ、半分正解で半分間違い!

戦闘機やアクロバット機が急激に高度を下げる必要がある場合は、機首下げ操作で降下することもありますが、それ以外の飛行機、例えばこのレッスンで使用している小型機や旅客機などは、操縦桿ではなくスロットルの操作で降下しています。

ちなみに、このレッスンで使用されているセスナ152の場合は、ピッチトリムを中立にしてフラップを完全に格納した状態で、ピッチ角0°を維持したまま80ノットで飛行すると、毎分200ftの割合で降下していくようです。

エンジン回転数を上げる

今度はエンジンの回転数を2,400回転まで増加させて、機体を加速していきます。

エンジン回転は厳密に指示通りの回転にする必要は無く、±200回転くらいまでは許容範囲があるので、そこまで神経質に細かく調整する必要はありません。

エンジン回転数を上げると先ほどとは逆に、機体速度が上昇していくので↓

ウィンドシールド上の基準線と地平線を一致させた状態、つまり前後方向の水平を保った状態で飛行していると、先程までマイナスを指示していた昇降計の針が0を指示するようになり↓

加速時の昇降計の指示

さらに加速を続けてレッスンスタート時の速度を超えると、水平飛行しているにもかかわらず高度が上昇していきます。

減速したときと真逆の反応をするわけですが、これらのことから『一定の飛行姿勢を維持している場合、加速すると高度が上がり、減速すると高度が下がる』ということが理解できたかと思います。

これはセスナ152に限った話ではなく、VTOL機のような特殊な技術や飛行形態を持つ飛行機を除いた、すべての飛行機に共通する飛行特性です。

この後にあるレッスン『エレベーターなしでの着陸』ではスロットル操作だけでの着陸を練習するので、飛行速度と降下率の関係についてよく理解しておきましょう。

 

出力設定のレッスンの評価

今回のレッスンの評価ポイントは

  • スロットルを下げる
    巡航姿勢ラインを水平線上に維持しつつ、1,800回転ちょうどにする
  • スロットルを上げる
    巡航姿勢ラインを水平線上に維持しつつ、2,400回転ちょうどにする

の2項目。

エンジン回転数を合わせることに気を取られがちですが、このレッスンで重要なのは水平飛行をすること!

ハイスコアを狙うためには、ウィンドシールドに描かれた基準線と地平線を一致させなければいけません。

基準線と地平線が少しズレただけでも数百ポイントが減点されます…。

ちなみに、エンジン回転数の方は±200回転程度が許容範囲になっていて、この範囲に収めてさえいれば減点対象とはならない…というか、この範囲に収めないとレッスンが進みません。

出力設定の攻略法

水平の維持

姿勢指示器を参照して機体の水平を保ってもクリアはできますが、ハイスコアを狙うのであればウィンドシールドに描かれた基準線を使ったほうが簡単です!

レッスンスタート直後は機体の前後方向が水平になっているので、このタイミングでカメラ位置を調整して、基準線と地平線を可能な限り正確に一致させておきましょう。

適切な出力設定

スロットルを加減速する際にエンジン回転計に注意が向いてしまうと、機体の水平が保てずに減点されてしまいます。

エンジン回転はきっちり合わせる必要は無いので、横目にチラチラ見ながらだいたいの位置で合わせるようにしましょう。

また、急な加減速を行うとピッチ方向の変動が大きくなってしまい、水平を維持することが難しくなります。

レッスンに時間制限はないので、スロットルはできるだけゆっくりと操作するようにしてみてください。

PVアクセスランキング にほんブログ村
MSFSを遊びつくす - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました