スポンサーリンク

姿勢(ピッチ)

飛行訓練の4つ目のレッスン”姿勢(ピッチ)”のブリーフィング画面 MSFSのコンテンツ

飛行訓練の4つ目のレッスン“姿勢(ピッチ)”では、飛行機を上昇、又は降下させるために必要なピッチ方向の姿勢の制御の仕方について学んでいきます。

Table of Contents

ブリーフィング

飛行訓練の4つ目のレッスン”姿勢(ピッチ)”のブリーフィング画面

レッスンの目的

今回のレッスンの目的は

上昇、巡航、降下の姿勢について学ぶ

というもの。

コクピット前方の風防(ウィンドシールド)に記されている線を、前方に見える地平線と重ね合わせることで

  • 上昇姿勢
  • 巡航姿勢
  • 降下姿勢

の3つの姿勢と、これらの姿勢を取った時に起こる速度や高度の変化について学んでいきます。

レッスン中のタスク

このレッスン中に与えられるタスクは

  • ウィンドシールドに表示された破線と地平線を合わせて、上昇、または降下の姿勢を作る
  • ピッチと速度の関係について学ぶ

の2つです。

このレッスンでは操縦桿を押したり引いたりするだけなので、クリアするだけならそれほど難しくはありません。

ただし、ハイスコアを目指すとなると意外と難しいんですよ…。

訓練空域

今回もアメリカ合衆国アリゾナ州のセドナ空港の周辺でレッスンが行われます。

セドナの北東5NMのあたりで、高度5,500ft、東(方位80°)に針路をとった状態からレッスンがスタートします。

使用機材

今回も前回までのレッスンに引き続き、初心者パイロットの練習機の定番“セスナ152”を使用します。

練習機や自家用機の定番“セスナ152”

飛行性能が気になる方は、こちらの記事を参考にしてみてください↓

“姿勢(ピッチ)”のレッスン内容

前回までは教官の操縦からスタートしましたが、今回からはプレイヤーの操縦でスタートします。

コクピットカメラの位置合わせ

レッスンがスタートしたら、まずはカメラの位置合わせをしましょう!

コクピットカメラの設定によっては、視点の位置が高すぎて、ウィンドシールドに書き込まれた基準線と地平線が一致していないことがあります↓

地平線と基準線が一致していない

カメラの位置を少し下に移動して、3本の線の真ん中にある『赤の実線』が前方に見える地平線に重なるようにします↓

地平線と基準線を一致させる

ハイスコアを目指すならこの操作は必須です!

上昇姿勢

まずは上昇姿勢から。

ウィンドシールドに書き込まれた3本の線のうち、一番下にある破線が地平線と一致するように、ゆっくりと操縦桿を引いていきます。

上昇姿勢への移行はなるべく滑らかになるようにしましょう。

一番下の破線が地平線と一致したら、その状態を20秒間キープします。

十分な速度で機首上げ姿勢をとると、飛行機は高度を上げていきます。

高度は速度のエネルギーを変換することで上昇していくため、エンジン出力が一定であれば、徐々に速度が低下していきます。

速度が低下すると主翼で発生する揚力は低下していくので、操縦桿を引く力が一定のままでは、上昇角度を維持することが出来ません。

上昇角度を維持するために、操縦桿を引く力を少しづつ強くしていく必要があります。

巡航姿勢に復帰する(レベルオフ)

上昇姿勢を20秒キープしたら、今度はウィンドシールドに書き込まれた基準線と地平線を一致させて、巡航姿勢に復帰します。

先ほどの上昇で速度が低下しているので、操縦桿を引く力を徐々に抜いていけば自然と機種が下がってきます。

そのままピッチ角が0°、巡航姿勢の基準線と地平線が一致するところまで機種が下がったら、若干操縦桿を引いた状態でキープすると、巡航姿勢を上手く保つことが出来ます。

降下姿勢

機体を水平することが出来たら、今度は機首を下げて降下姿勢をとっていきます。

巡航姿勢は操縦桿を若干引いた状態で作っているので、まずは操縦桿に入れている力を緩やかに抜いていき、入力をニュートラルにしましょう。

これでもまだ足りなければ慎重に操縦桿を押し込んでいき、ウィンドシールドに書き込まれた一番上の破線が地平線と一致するように、機首を下げて降下姿勢を取ります。

この状態で10秒キープしますが、降下姿勢をとると、高度が下がって機体速度が上昇していきます。

上昇する時とは逆に、高度(位置エネルギー)が速度(運動エネルギー)に変換されるわけです。

速度が上昇すれば主翼に発生する揚力も増大していくため、操縦桿を押す力が一定であれば、自然と機首(ピッチ)が上がってきてしまいます。

このため、降下中は操縦桿を押し込む力を徐々に増やしてやる必要があります。

巡航姿勢に復帰する(レベルオフ)

降下姿勢を10秒キープしたら、今度はウィンドシールドに書き込まれた巡航姿勢の基準線と地平線を一致させて、再び水平飛行に復帰します。

上昇姿勢から巡航姿勢に移行する時と同じように、まずは操縦桿に入れていた力を徐々に抜いていきましょう。

おそらく完全に力が抜けた時点では、まだ若干機首が下がっているかと思いますので、今度は操縦桿を軽く引いて、巡航姿勢の基準線が地平線に一致するように調整していきます。

地平線と基準線を一致させる

レベルオフが出来たところで、今回のレッスンは終了です。

“姿勢(ピッチ)”のレッスンの評価

今回のレッスンの評価ポイントは

  • ピッチアップで上昇
    下側のラインを水平線上に維持する
  • レベルオフ
    巡航姿勢ラインを水平線上に維持する
  • ピッチダウンして降下する
    上側のラインを水平線上に維持する
  • レベルオフ
    巡航姿勢ラインを水平線上に維持する

の4項目です。

レベルオフが2つありますが、“上昇姿勢⇒レベルオフ”と“降下姿勢⇒レベルオフ”で別々に採点されています。

単純にクリアすることを目的としているのであれば、割と適当にやっても簡単にクリアできますが、ハイスコアを狙ってまじめにやると結構難しんですよ…。

特にレベルオフの評価が厳しく、一旦基準線と地平線が一致したら、一切ずらすことなく水平に飛ばないといけないようです。

“姿勢(ピッチ)”の攻略法

レッスン全体

前回の練習フライトと同様に、操縦桿の急激な操作や大きな操作は減点対象になるようです。

操縦桿の操作はゆっくりと慎重に行いましょう!

上昇姿勢

基準線を地平線より若干上に、具体的には線一本分くらいの場所に持っていくと良いようです。

姿勢をキープしているうちに速度が低下して、徐々に基準線が地平線に被るようになるので、これを防ぐための修正(操舵量の追加)もしましょう。

降下姿勢

こちらは基準線を地平線より若干下に持ってくるようにすると良いようです。

高度の低下に合わせて速度が上昇するので、上昇姿勢とは逆に操縦桿の押し込み量を徐々に増やし、基準線が地平線よりも上に来ないように気を付けましょう。

レベルオフ

レベルオフでは、基準線と地平線が完全に位置した状態にならないと満点は狙えないようですね。

水平飛行中は、常に微調整しながら、基準線の位置をずらさないようにする必要があります。

PVアクセスランキング にほんブログ村
MSFSを遊びつくす - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました