スポンサーリンク

MSFSが起動しない場合の解決方法

MSFSのトラブル

Microsoft Flight Simulator(MSFS)で遊ぼうと思って起動してみても一向に立ち上がる気配がなく、数分後にロード画面が表示されたかと思ったらクラッシュし強制終了してしまう…。

そんな経験をした人って結構多いんじゃないでしょうか?

これが1度や2度くらいならいいんですが、酷いと何度やっても起動しないなんてことが稀によくある私のパソコン…。

このトラブルはパソコンの性能や、インストール済みのアプリケーション、導入しているアドオンによって対処法や解決方法が色々と変わってきますが、ここでは基本的かつ一般的な解決方法を紹介していきます。

Table of Contents

MSFSが起動しない理由

起動しない理由には

  • アプリケーションの異常
  • 導入しているアドオンの互換性
  • 導入しているアドオンが多すぎる
  • リソース不足

といったものが考えられます。

アプリケーションの異常

何らかの理由でMSFSのプログラムが書き換えられてしまい、これが原因でMSFSが起動しなくなることもあるようです。

このような場合はアプリケーションの修復を行うことで、MSFSが正常に起動するようになる可能性があります。

アプリケーションの修復は

  1. 「スタート」をクリック
  2. 「設定」(歯車のマーク)をクリック
  3. 「アプリ」をクリック
  4. アプリケーションのリストにある「Microsoft Flight Simulator」をクリック
  5. 「詳細オプション」をクリック

と進み、詳細オプションにある「修復」ボタンをクリックします。

アプリケーションの修復が完了したらパソコンを再起動してください。

パソコンの再起動後にMSFSを起動すると↓

こんな感じで警告ウィンドウが表示されることがあります。

このウィンドウが表示された場合は一度セーフモードでMSFSを起動して、すぐにMSFSを終了してください。

セーフモードで起動した状態でフライトすると、MSFSのクラッシュやアプリケーションが破損する可能性があります。

MSFSを再起動すると、今度は警告ウィンドウが表示されることなく正常に起動するはずです。

これでMSFSが問題なく起動するようになればトラブルは解決となりますが…。

アプリケーションを修復してもダメな場合は、MSFSに導入しているアドオンとの互換性が原因となっている可能性があります。

導入しているアドオンの互換性

MSFSのメジャーアップデートである“Software Update”の直後は、アドオンとMSFSの互換性が原因となるトラブルが発生しやすくなります。

まずは、一時的にCommunityフォルダに格納されているアドオンのデータをすべて別の場所に移動してみてください。

Communityフォルダが空の状態でMSFSが起動したら、アドオンが原因となっている可能性が高いですね。

正常に起動することを確認出来たら、今度は1つづつアドオンをCommunityフォルダに戻して原因となるアドオンを特定してもいいですし、しばらく時間を空けて新しいバージョンのアドオンをダウンロードしてもいいです。

導入しているアドオンが多すぎる

アドオンに関しては互換性の問題だけでなく、単純に『アドオンを入れすぎてMSFS起動時に高負荷になっている』という可能性もあります。

使用頻度の低いアドオンや、容量の大きいアドオンを削除してみましょう。

これだけでMSFSが正常に起動するようになることもあります。

リソース不足

メモリーやVRAMの容量が足りない、CPUの処理能力が低いといった場合にMSFSが起動しないことがあります。

まずはバックグラウンドで動いているアプリケーション、使用していないアプリケーションを終了せてみましょう。

不要なアプリケーションを終了させてもMSFSが起動しない場合、メモリーの増設やCPUやグラフィックボードの換装を考えた方がいいかもしれません。

MSFSのシステム要件として提示されているメモリー容量は

  • 最低:8GB
  • 推奨:16GB
  • 理想:32GB

MSFSの設定やアドオンの導入状況次第ですが、安定してMSFSをプレイするためには最低でも16GB、欲を言えば32GBは欲しいところ…。

これでダメならCPUや

グラフィックボードの換装も視野に入れた方がいいかもしれませんが…。

自作パソコンや一部のBTOパソコンなら、これらのパーツの換装も気軽にできますが、一般的なパソコンメーカーの販売するパソコンではなかなか難しいですよね…。

ここまでくるとパーツを換装するよりもパソコンを買い替えた方が早いかもしれません。

ちなみにパソコンを買い替えた場合でも、MSFSの購入情報はXboxアプリやSteamアプリのアカウントに紐づけされているので、新しいパソコン向けに新たにMSFSを購入する必要はありません。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました