スポンサーリンク

デラックスエディション

MSFSのコンテンツ

デラックスエディションはMicrosoft Flight Simuiator(MSFS)の展開する3つのエディションの一つで、25種類の飛行機と35か所の空港が収録されています。

ベースとなるスタンダードエディションに収録されている飛行機と空港についてはこちらをご覧ください↓

Table of Contents

デラックスエディションに収録されている飛行機と空港

デラックスエディションには、ベーシックエディションに次の5種類の飛行機が追加され、計25種類の飛行機が収録されています。

プロペラ機

単発レシプロ

  • ダイヤモンド・エアクラフト
    DA40-TDI

DV20

  • テキストロン・アビエーション
    セスナ 152 エアロバット

セスナ 172  スカイホーク

双発レシプロ

  • テキストロン・アビエーション
    ビーチクラフト バロン G58

“DV40”と“セスナ 152”、”セスナ 172”がスタンダードエディションに収録されている飛行機と重複してしまっていますが、これらは仕様違いの別の機種という扱いになっているようです。

DV40は、スタンダードエディションに収録されている“DV40 NG”がガーミンG1000統合計器ディスプレイを搭載してグラスコクピットとなっているもので、デラックスエディションに収録されている“DV40‐TDI”は、アナログ計器を搭載したものですが、計器の表示方法が違うだけで基本的な飛行性能はどちらも同じ。

セスナ172の場合はDV40とは逆に、スタンダードエディションはG1000、デラックスエディションはアナログ計器となっていますが、こちらも計器の表示方法が違うだけで基本性能は同じです。

一方、セスナ152はスタンダードとデラックスともにアナログ計器を搭載した仕様ですが、デラックスエディションに収録されている“エアロバット”の方は曲技飛行ができるモデル。

スタンダードエディションに収録されているものよりも多少剛性がアップしているため、運動性能と耐久性が向上しているようです。

結局のところ上記の3機種はスタンダードエディション収録機の派生型となるので、実質的にはデラックスエディションへの追加は“DV20”と“ビーチクラフト バロン G58”の2機種となります。

デラックスエディションに収録されている空港

デラックスエディションには、スタンダードエディションに以下の5か所の空港が追加され、計35か所の空港が収録されています。

北米

アメリカ

  • シカゴ・オヘア空港(ICAOコード:KORD)

ヨーロッパ

スペイン

  • アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港(ICAOコード:LEMD)

オランダ

  • アムステルダム・スキポール空港(ICAOコード:EHAM)

アフリカ・中東

南アフリカ

  • ケープタウン国際空港(ICAOコード:FACT)

エジプト

  • カイロ国際空港(ICAOコード:HECA)

スタンダードエディションでは、世界的に有名で規模の大きな国際空港から辺境の地にあって滑走路が未舗装の飛行場、さらには世界で最も危険といわれる空港まで、バラエティーに富んだ空港が収録されていますが、デラックスエディションで追加されるのはいずれも大都市圏近郊の国際空港となっています。

いずれもハブ空港となっているので、海外旅行や出張で利用したことがあるという人もいるんじゃないでしょうか?

システム要件と販売価格

システム要件

パソコン版は各エディション共通で、以下のスペックがシステム要件として要求されます。

パーツ最低スペック推奨スペック理想スペック

VR
推奨スペック

OSWindows 10 バージョン 1909以降
CPU

AMD Ryzen 3 1200 

または

Intel i5-4460

AMD Ryzen 5 1500X 

または

Intel i5-8400

AMD Ryzen 7 Pro 2700X

または

Intel i7-9800X

Intel i9-9900Kと同等以上
GPU

Radeon RX 570

または

NVIDIA GTX 770

Radeon RX 590 

または

NVIDIA GTX 970

Radeon VII 

または

NVIDIA RTX 2080

NVIDIA RTX 2080 Tiと同等以上
VRAM2 GB4 GB8 GB11 GB
RAM8 GB16 GB32 GB
HDD150 GB150 GB (SSD)
回線速度5 Mbps20 Mbps50 Mbps

Xbox版には特にシステム要求は無いようですが、MSFSのデータをダウンロードするためには最低でも20Mbpsの回線速度が必要になります。

購入方法

パソコン版

パソコン版は

  • Microsoftストア
  • Xboxストア
  • Steam

で購入することができますが、いずれもダウンロード販売となっています。

DVD10枚組の物理メディアでも販売されてはいますが、不定期に行われるソフトウェアアップデートを適用するためにはインターネットへの接続が必須となるので、ダウンロード販売を選択した方がいいかもしれません。

また、MicrosoftストアやXboxストアで購入した場合はMicrosoftアカウントに購入履歴が紐づけられるので、MSFSをパソコンだけでなくXboxにインストールすることも可能です。

Xbox版

Xbox版はXboxストアのみでの販売となっています。

物理メディアでの販売はありません。

販売価格

デラックスエディションの販売価格はパソコン版、Xbox版いずれも10,700円です。

パソコン版については、どの販売プラットフォームで購入しても同じ価格ですが、Steamの場合は初回起動時のデータのダウンロードに2時間以上かかった場合、正式購入をキャンセルしても返金が効かなくなるので注意しましょう!

購入後の他のエディションへの変更

デラックスエディションを購入した場合、あとからプレミアムデラックスエディションへアップグレードすることが可能です。

アップグレードする場合は、購入したプラットフォーム(MicrosoftストアやSteam)ではなく、MSFS内でコンテンツの追加購入を行う“マーケットプレイス”から行います。

この場合の購入金額は、デラックスエディションとプレミアムデラックスエディションの差額分(2,400円(※セールなどで価格変動あり))となります。

デラックスエディションからスタンダードエディションへのダウングレードはできません!

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました