スポンサーリンク

TCPグローバルパラメータを設定して通信速度をアップする

MSFSのトラブル

Microsoft Flight Simuiator(以下MSFS)は、本体となるアプリケーションとは別に、飛行機や地表のデータなどで構成される100GB前後のメインコンテンツをダウンロードしないとプレイすることができません。

大容量のデータなのでダウンロードが完了するまでに結構な時間がかかり、せっかくMSFSをインストールしてもすぐにはプレイすることができないわけですが、このメインコンテンツのダウンロードが上手くいかず、せっかく買ったのに一回もプレイできてないなんて人もいたりするかもしれません…。

ダウンロードがうまくいかない原因には

  • 契約しているネット回線の通信速度の問題
  • 通信回線の安定性
  • Windows側での通信帯域の制限

など、色々なものが考えられますが、今回は“Windows側での通信帯域の制限”を解決する方法を解説していきます。

回線速度は速いのにダウンロードが遅い?

『ネット回線の通信速度はそれなりに出ているはずなのに、妙にダウンロードに時間がかかる』

『回線速度チェックサイトに表示されるダウンロード速度と実際のダウンロード速度が一致しない』

これはWindowsの設定で通信帯域に制限がかかっていることが原因かもしれません。

この場合、“TCPグローバルパラメーター”の設定を変更することで、ダウンロード速度が大幅に向上する可能性があります。

TCPグローバルパラメーター

TCPグローバルパラメーターはコマンドプロンプトから確認することができます。

Windowsの画面左下にある検索ボックスに“コマンドプロンプト”と入力すると↓

検索結果に“コマンドプロンプト”が表示されるので

  • 設定内容を確認するだけの場合 ⇒ “開く”
  • 設定内容を確認して変更する場合 ⇒ “管理者として実行”

をクリックします。

コマンドプロンプトを起動するとこのようなウィンドウが表示されます↓

上の画像はキャプチャしたときのタイミングが悪くてカーソルが出ていませんが、本来ならば“C:\WINDOWS\system32>”の後ろに白く点滅するカーソルが表示されています。

カーソルの部分に

netsh int tcp show global

を入力してEnterキーを押すと、下の画像のように“TCPグローバルパラメーター”が表示されます↓

TCPグローバルパラメーターの設定変更

ここで確認してもらいたいのは“受信ウィンドウ自動チューニングレベル”。

通常であれば”default”になっているかと思いますが、この状態だと通信帯域に制限がかけられてしまうようなので、受信ウィンドウ自動チューニングレベルを“highlyrestricted”または“nomal”に変更します。

この設定を変更する場合は管理者権限が必要になりますので、コマンドプロンプトを起動する際に“開く”を選択してしまった人はいったんコマンドプロンプトを終了して、管理者権限で起動しなおしてください。

速度の上昇幅はプロバイダのサーバーとの距離で決まるようで、場合によっては“normal”の方が良いこともあるようです。

設定を変えながら回線速度をチェックしてベストの設定を探ってみましょう。

受信ウィンドウ自動チューニングレベルを変更する場合は、コマンドプロンプトの点滅しているカーソルに

netsh int tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted

または

netsh int tcp set global autotuninglevel=normal

と入力してEnterキーを押します。

入力した部分から改行されて“OK”という表示が出ていれば変更完了です。

その下に“C:¥WINDWS¥sisitem32>”と表示されているので、ここに再び

netsh int tcp show global

と入力すると、変更後の設定を確認することができます↓

設定変更が完了したらコマンドプロンプトを終了させます。

チューニングレベルの変更でも改善しない場合

私の経験上、ほとんどの場合これでダウンロード速度が改善されますが、これでも改善されない場合はDNSサーバーの設定に問題があるもしれません↓

DNSサーバーのアドレスを変更することで、通信が安定して回線速度の向上が見込めるかもしれませんので、試してみる価値はあるかと思います。

また、MSFSのサーバーにアクセスが集中しているという可能性もあるので、時間をずらしてみるというのも有効な方法の一つです。

意外なところで『ルーターにトラブルがある』とか、『何らかの理由でWi-Fiの電波が届きづらくなっている』なんてことも原因になったりしますので、自宅のパソコンの周りを点検してみるのもいいかもしれません。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました